【資産運用の教科書】初心者がお金を増やすオススメの全方法

後悔しない人生の生き方22選を大卒無職が教える【好きなことで生きていく】

スポンサーリンク
後悔しない人生の生き方22選を大卒無職が教える【好きなことで生きていく】どう生きる?生き方・人生哲学の教養

後悔したくない人

  • 「このままだと人生後悔しそう…。
  • 後悔しないためにはどう生きればいいのかな…。
  • 死ぬときに後悔したくない…」
パノカト
パノカト

やぁ、大卒無職のパノカト(@panokato_com)です。

今回は後悔しない人生の生き方の教養をわかりやすく解説していくよ。

私は大学を卒業してから一度も就職してませんが、後悔はしていません。

周りのひとは就職していましたが、私は私らしく生きていこうと決めていたので、最初から就職する気はサラサラありませんでした。

死を目前にして人々が後悔している5つのこと

「幸せをあきらめなければよかった」
「友人と連絡をとりつづければよかった」
「思い切って自分の気持を伝えればよかった」
「働き過ぎなければよかった」

最も多かったのが、
「他人から期待された人生ではなく、自分に正直な人生を生きればよかった」

このように、自分に正直にならなければ後悔する人生が待っていると思ったからです。

「大卒無職になんて教わりたくねーよバーカ」

という方は、「【仏教の教え】後悔しない人生の生き方」で仏教による後悔しない人生の生き方を解説しているのでそちらをご覧ください。

パノカト
パノカト

「大卒無職よりもよっぽど説得力がありますね」

この記事は2ページ構成で、約1万2,000字です

スポンサーリンク

後悔しない人生の生き方22選を大卒無職が教える【好きなことで生きていく】

後悔しない人生の生き方22選を大卒無職が教える【好きなことで生きていく】

後悔しない人生の生き方22選がこちらです。

自分にとことん正直になる

  1. 人生のゴールを設定する
  2. 心の本音を聞き、自分と向き合う
  3. 心の本音に従って、自分らしく生きる
  4. 心の本音を言葉にする
  5. 自分にとっての「幸せ」を追い求める

1日もムダにせず生きる

  1. 今日1日を有意義にする
  2. 気持ちよく朝を迎える
  3. 人間関係のための時間をさく
  4. 1分1秒もムダにせず1日を生きる
  5. モノに執着しない

今の状況を変える

  1. うまくいかないことはやらない
  2. 一度にすることは1つだけにする
  3. 過去のことは忘れる
  4. ピンチをチャンスに変える
  5. 批判や文句は言わない

むずかしいことに挑戦する

  1. とりあえずやってみる
  2. 自信をもつ
  3. コンフォートゾーンから抜け出す
  4. メンターを見つける

人格を育てる

  1. 偏見をなくし、違いを受けいれる
  2. 許す
  3. 正しい選択をする

それでは1つずつ解説していきますね。

はじめに:後悔しない人はいない

と、解説する前に、まずはじめに重要なことを3つお伝えします。

  1. 誰でも何かしらの後悔をしながら生きている。
  2. その後悔は死ぬまで消えない場合がある。
  3. その後悔をなくす最もいいタイミングは今である。

後悔していないひとは誰もいません。

そして、その後悔は消えずに死ぬまで残ることもありますが、後悔を消すこともできます。

そして、後悔を消すもっともいいタイミングがまさに今です。

今この瞬間からあなたが望めば「後悔」を消せます。

 

そもそも後悔とは、するべきじゃないことをしてしまったこと、またはするべきだったことをしなかったことが原因で悔やむことです。

そして後悔は不幸、失敗の原因になります。

そんな後悔をしないためには日々の選択をもう少し慎重にする必要があります。

後悔しない選択をするには、以下の2つの質問を自分に問いかけるのが効果的です。

  • もしそれをすれば(または、しなければ)、後悔することになるか?
  • もしそれをすれば(または、しなければ)、後悔を避けることができるか?

後悔しない人生の生き方①.自分にとことん正直になる

後悔しない人生の生き方①.自分にとことん正直になる

あなたは自分に正直に生きていますか?

まず後悔しない人生に必要なのは「自分にとことん正直になること」です。

自分に正直になるコツや、正直に生きるためのポイントを紹介していきます。

人生のゴールを設定する

あなたのやりたいこと、目標はなんでしょうか。

それが明確になっていなければ、人生をただ右往左往しているだけで消費してしまい、「気づけば人生も終盤」なんてことになってしまいます。

そうならないためにも、人生には自分だけのゴールや夢が不可欠です。

 

「でもどうせ夢なんて叶わないよ。

やりたいことをできるのは一部の人間で、自分にはできな

いね」

そう思っているひともたくさんいますが、そういうひとは必ず最後には後悔します。

夢を叶えられない理由を探すのではなく、夢を叶える方法を探すことにエネルギーを注げば、必ずその方法はみつかります。

後悔しない人生のための自問

  1. 自分の夢や目標、人生のゴールはなんなのか?
  2. その夢や目標を達成するにはどうすればいいか?

心の本音を聞き、自分と向き合う

本当にしたいこと、やってみたいことなどのあなたの本音はいつだってあなたの心が知っています。

上辺では上手にとりつくろっても、心をごまかすことはできません。

 

そうやって心の本音にフタをして生き続けていくとやはり後悔します。

一度、じっくりと心の本音に耳をかたむけて、ありのままの自分と向き合って考えてみてください。

そして、自分の本音をしっかり聞き入れたら、素直にそれを実行しましょう。

後悔しない人生のための自問

  • 自分は心の本音を無視して生きていないか?
  • 心の本音を無視した結果はどうなったか?
  • 心の本音を聞き入れた結果はどうなったか?

心の本音に従って、自分らしく生きる

自分らしく生きることはとても勇気のいることだと思います。

ひとにあわせて生きているほうが笑われたりしないし、安心感があるかもしれません。

しかし、そうやって他人の承認を得るためだけに生きていて、後悔しない人生を送れるでしょうか。

自分を殺して他人にあわせて生きていて、本当に幸せでしょうか。

後悔しない人生に必要なのは、自分らしく自分に正直に生きることです。

 

「でも、自分らしさってなにが自分らしいのかよくわからない…」

他人にあわせるのに慣れてしまうと、本当の自分を見失ってしまい「自分らしさ」がわからなくなりますよね。

自分らしさを見つけるには、やはり心の本音を聞き入れることです。

 

そして自分らしさを発揮するには心の本音を実行する必要があります。

そうすれば「右にならえ」で集団に埋もれることなく、周りと違うひときわ輝いた存在になれます。

まずは自分の心の本音を聞き入れて、自分が本当にやりたいことや楽しいと思えることを追求しましょう。

後悔しない人生のための自問

  • 周りにあわせているときはどのように感じるか?
  • 自分の心の本音を見つけるためにまずどうすればいいか?

心の本音を言葉にする

自分の本音を確認できても、周りがそれを勝手に察してくれることはありません。

あなたの本音を伝えるためには、言葉にして伝える必要があります。

あなたが自分の本音に素直になりはじめると、周りのひとはあなたの変化に気づき、戸惑うはずです。

そこであなたからなんの説明もなければ、あなたに対する不信感が高まってしまいます。

 

なので、自分の心境の変化や、自分の気持ちを素直に伝えましょう。

そうすれば、周りのひともあなたに理解を示し、わかりあえるはずです。

しかし、あまりストレートに伝えすぎると、受け止める側のひとも驚いてしまうので、伝え方には工夫が必要になります。

後悔しない人生のための自問

  • 自分の本音を理解してもらうには、どのように伝えるといいか?
  • そうすることで生まれるメリットとデメリットはなにか?

自分にとっての「幸せ」を追い求める

他人の好きな食べ物とあなたの好きな食べ物が違うように、他人にとっての幸せと、あなたにとっての幸せは別物です。

だから他人にあわせて生きていても、他人は幸せかもしれませんが、あなたが幸せになることはありません。

 

自分にとっての幸せ、自分だけの幸せをみつけて、それを追い求める必要があります。

自分の心の本音をもとに勇気をだして自分らしく生きるだけで、世界の見え方がまるで変わるはずです。

後悔しない人生をおくる勇気を出しましょう。

後悔しない人生のための自問

  • 今から自分だけの幸せをどうやって追い求めていくか?
  • 幸せを追い求める過程にある障害をどう乗り越えるか?

後悔しない人生の生き方②.1日もムダにせず生きる

後悔しない人生の生き方②.1日もムダにせず生きる

あなたは貴重な1日をムダに過ごしてはいませんか?

今日という1日の積み重ねがそのまま人生になるので、1日をムダに過ごすということは、人生をそのままムダにしていることになります。

昨日という1日、今日という1日、明日という1日、すべてちがう1日です。

同じ日は1日たりともありません。毎日違う1日で、毎日が貴重な1日だということを思い出しましょう

今日1日を有意義にする

「後悔しない人生を送るにはどうしたらいいんだろう…人生ってどう生きればいいんだろう…」

と人生について考えるとどんどんわからなくなってきますよね。

そこでまずは人生という壮大な視点で考えるよりも、「今日1日」という小さな視点で考えてみましょう。

 

「今日1日だけでも有意義にすごすぞ」

「今日1日だけでも充実させるぞ」

と考えると人生を好転させやすくなります。

今日という1日を有意義にすごし、充実させられなければ、人生そのものも有意義に過ごせないし充実させられません。

 

なので、「今日1日だけでも」という小さな視点で変化を起こしていきましょう。

「今日1日」をつかってなにを変えていきたいか、どう変えていきたいか、何を始めて、何をやめたいのか。

こういったことを徹底的に考えて、自分の思い通りの1日をデザインしていきましょう。

後悔しない人生のための自問

  • 自分の理想の1日はどんな1日か?
  • 理想の1日をすごすためには、今日、何をすべきか?

24時間の使い方!あなたの時間をこれ以上ムダにしないための時間術」で解説しているように、1日の使い方を学び実践することは大切です。

いまから1時間後はあなたはなにをしていますか?

気持ちよく朝を迎える

朝、目覚めたとき、ひとは2種類の反応をします。

  1. 清々しい気持ちで朝を気持ちよく迎えるひと
  2. 暗く沈んだ気持ちで朝を憂鬱にイヤがるひと

あなたはどちらでしょうか?

 

貴重な1日を有意義に過ごすには、それなりのスタートをきらなければその後もズルズルと引きずってしまいます。

朝、イヤイヤ起きるひとの1日は短く、あっという間におわりますが、朝を気持ちよく迎えるひとの1日は充実していて、1分1秒がすべていきています。

1日を気持ちよくスタートできるひとは、その1日を有意義にすごせることでしょう。

後悔しない人生のための自問

  • 自分は笑顔で朝を迎えているだろうか?眉にシワをよせているだろうか?
  • 朝を気持ちよく迎えるためにできることはなんだろうか?

人間関係のための時間をさく

はじめに紹介した「死を目前にして人々が後悔している5つのこと」の1つに「友人と連絡をとりつづければよかった」とあります。

学校を卒業して社会人になると、友だちと連絡をする回数も減り、自然と疎遠になっていきますよね。

人間関係を維持するためには、それだけの時間と労力を費やす必要があり、放っておくと必ず崩れます。

 

なので、疎遠になりたくないひととは定期的に連絡するための時間をさいて、関係を維持する努力が必要です。

「きっと大丈夫」と思うかもしれませんが、実際はそんなことはなく、人間関係を維持するためには意識的に関わっていかなければなりません。

自分の近況を伝えたり、相手の近況を気にしてあげるだけで、関係は維持されより強固になるでしょう。

また、最後に連絡したのがどんなに昔でも、相手に歩み寄ることに遅いということはないので、勇気を出して連絡してみてください。

後悔しない人生のための自問

  • 1番関係を深めたい相手は誰か?
  • 今は連絡していない人と再び連絡をとりあうにはどうすればいいか?

1分1秒もムダにせず1日を生きる

あなたにも過去に戻りたいと思った経験があるのではないでしょうか?

しかし、過去に戻れないことは百も承知で、私たちは常に今この瞬間しか生きられません。

だったら、今この瞬間を徹底的にムダにしないで生きていれば、過去に戻りたいと思うことはなくなります。

 

時間を有効活用し投資すれば、その時間を過ごしてよかったとあとになって実感できるはずです。

しかし、時間をムダ使いし浪費すれば、あとになって感じるのは後悔だけです。

そうならないためには、毎日を1分1秒もムダにせずに生きていくしかありません。

1日=1440分の使い方!11個の時間管理術と習慣で人生を変える」では1日を1440分にとらえて1日にを使い切る時間管理術と習慣を解説しているのであわせてご覧ください。

時間の大切さを実感する

「時間が大切なのは頭ではわかってるんだけどなぁ…。

どうしてもテキパキできないし、ダラダラしちゃう」

たしかに「時間は大切」と聞いても「それはわかるけどさ」と思うところもありますよね。

そんな方には「先延ばししなくなる時間管理の名言62選」で偉業をなしとげた人たちの時間に対する考え方を知るだけでも、かなり意識が変わるはずです。

 

「時間を大切にしよう」と言葉にするのはカンタンですが、実際に時間を大切にして過ごしていくには、人生に積極的に関わる行動力や冒険心が必要になります。

いままでやったことのないことをはじめたり、行ったことのない場所に行ってみたりして、人生を最大限楽しんで生きなければ最後に待っているのは後悔です。

人生を最大限に生きるために、1日1日を最大限に生きていきましょう。

後悔しない人生のための自問

  • 自分は1日をムダにしていないか?
  • 1日を最大限に使うために、何をしているか?

モノに執着しない

いまの世の中は本当に豊かになり、いろんなモノがカンタンに手に入るようになりました。

しかし、その結果、家も外もモノで溢れかえり、どこへ行ってもなにを見てもモノを売りつけようとしてくるお店ばかり。

そんなことが続いたせいか、最近はモノをもたない暮らしをする「ミニマリスト」が流行り始めています。

これは、モノに執着するのに疲れたひとが増えていることが原因ではないでしょうか。

 

実は、モノはあるだけで、モノを管理するコスト、モノを捨てるコスト、モノを使うコスト…などなど、さまざまなコストがかかるのです。

モノに執着し、モノが増えれば増えるほど、時間とエネルギーが奪われていきます。

物欲を満たすだけでは幸せにはなれないし、モノの数で私たちの幸せが決まるわけでもありません。

大事なのは、どんな生き方をするかです。

後悔しない人生のための自問

  • これだけは絶対に必要!と思うモノはなにか?
  • それがもしなくなったら人生はどう変わるか?
パノカト
パノカト

「次のページでは『いまの状況を変える』『むずかしいことに挑戦する』を解説するよ」