【資産運用の教科書】初心者がお金を増やすオススメの全方法

眼精疲労・疲れ目の原因はルテイン不足とブルーライト!失明しないために今するべきこと

スポンサーリンク
加齢黄斑変性かも健康・美容をまもる教養
  • パソコン・スマホの見すぎで視界がぼんやりする…。
  • 最近、疲れ目・眼精疲労がたまって目が重いしかすむ…。
  • 飛蚊症を消したい…治るのかな…。
パノカト
パノカト

やぁ、今回のパノカトは、目の疲れや飛蚊症の原因と治し方をサクッとわかりやすく解説するよ。

この教養であなたは…
  • 失明のリスクを下げられる。
  • 眼精疲労・疲れ目の原因がわかる。
  • 眼精疲労・疲れ目・加齢黄斑変性を予防できる。

 

スポンサーリンク

眼精疲労?疲れ目?もしかしたら加齢黄斑変性かも!放置すると失明します

最近目が疲れて視界がボヤけたりもするけど、歳のせいもあるし仕方ないかな…。

たしかに年齢とともに目の不調は増えていくものです。

しかし、その目の不調を放置しておくと失明するかもしれません。

あなたは最近ものが二重に見えたり、視界がぼやけたり、目が疲れて重く感じたりはしませんか?

それはただの眼精疲労や疲れ目ではなく、加齢黄斑変性という病気かもしれません。

加齢黄斑変性とは、目の網膜の中心にある黄斑の障害です。

(引用:視力の大切な役割を担う「黄斑」)

網膜の中心に黄斑はモノを見るときにもっとも重要な場所で、ここに障害が起きてしまうと二度と視力が戻ることはありません。

欧米では失明の原因として加齢黄斑変性がトップになっています。さらに日本でも、人口の高齢化によって加齢黄斑変性が増えていて、失明原因の4位まであがってきています。

加齢黄斑変性の原因

加齢黄斑変性の詳しい原因はわかってはいませんが、黄斑部に新しい血管(新生血管)が延びてくることが原因の1つであるとわかっています。

この新生血管は、もろく破れやすいため、すぐに出血してしまいます。

黄斑部にのびた新生血管が破れて出血すると、網膜が押し上げられて黄斑に障害が起こってしまうのです。

その結果、ものが歪んで見えたり、1番見たい部分が見えなくなったりなどの、視力に一生の障害が残ってしまいます。

加齢黄斑変性には効果的な治療法が少ないため、もっともよいのは失明する前に予防することです。つまり、網膜部にのびた新生血管を破裂させないことがもっとも重要になります。

では、新生血管が破れないようにするためには、どうすればよいのでしょうか?

パノカト
パノカト

そのためにはまず、新生血管が敗れる原因を知る必要があります。

新生血管が破裂する原因は、活性酸素とブルーライト

新生血管

黄斑部にのびた血管が破れる原因は、大きくわけて以下の2つが関わっています。

  1. 活性酸素
  2. ブルーライト

それでは1つずつ解説していきます。

黄斑変性の原因①.活性酸素

酸素は私たちが生きていくうえで欠かせないものですよね。

しかし、その酸素のなかには「活性酸素」とよばれる悪質な酸素もあります。

活性酸素は私たちの体のなかで、一定の割合で出来るもので、体を参加させる原因です。

つまり、私たちの細胞や臓器をサビつかせて、破壊したり機能を低下させたりするのです。

そんな活性酸素が黄斑部にのびたもろい新生血管に届くと、どうなるでしょうか?

想像できますよね。ただでさえ破れやすい新生血管に、刺激の強い活性酸素が増えると、そこをさらにもろくして破裂させてしまいます。

こうして黄斑に障害が起きて、視力低下につながります。

黄斑変性の原因②.ブルーライト

黄斑部の新生血管を破裂させてしまう、もう1つの原因がブルーライトです。

ブルーライトは、可視光線の380nmから500nmの紫から青色の短波長光を指します。

光の中では紫外線の次に強く、可視光線の中では最もエネルギーが強い光がブルーライトです。

 

カンタンに言えば、目に悪い光のことです。

ブルーライトの悪質なところは、私たちの生活のあらゆるところで発せられていることです。

ブルーライトを大量に発してるモノ

  • 太陽光
  • パソコン
  • スマホ
  • テレビ
  • ゲーム機

私たちの生活はブルーライトに囲まれているといっても過言ではありません。

太陽光の紫外線は水晶体でブロックされるのですが、ブルーライトだけは水晶体を突き抜け、直接黄斑部にまで届きます。

ブルーライトは目に見える光のなかでも、エネルギーが強くダメージが残りやすいのです。

つまり、新生血管を破れないようにするためには、活性酸素とブルーライトを除去・カットすることが重要になります。

眼精疲労にも効果的!加齢黄斑変性の予防に必要な成分はルテイン

加齢黄斑変性にならないための予防法

加齢黄斑変性にならないためには、黄斑部にのびた新生血管を破れなくする必要があります。

新生血管はもろく破れやすいので、破れる原因となる2つの要素を除去・カットします。

新生血管が破れる2つの原因とは「活性酸素」と「ブルーライト」です。

ではどうすれば、この2つを黄斑部の新生血管に届かないようにすればよいのでしょうか?

その秘密は以下の5つの成分にあります。

  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • オメガ3
  • DHA
  • EPA

また、これらの成分は加齢黄斑変性だけでなく、眼精疲労や疲れ目、かすみ目にも効果があるとされています。

では、まずはルテインとゼアキサンチンについて詳しく解説していきますね。

「ブルーベリーは目にいい」は戦争に勝つための真っ赤なウソ!

「ブルーベリーは目にいい」は戦争に勝つための真っ赤なウソ!

ルテイン・ゼアキサンチンの説明の前に、突然ですが「目にいい成分」といえばなにをイメージしますか?

「眼にいい成分といえばブルーベリーじゃないの?」

たしかに、一時期はCMなどで目にいいサプリメントとして、ブルーベリー成分を配合したものが流行りましたよね。

しかし、実は「ブルーベリーが目にいい」「アントシアニンが目にいい」というのは、真っ赤なウソなんです。

というのも、時は第二次世界大戦まで遡り、戦時中の空軍パイロットによって広められました。

「第二次世界大戦のイギリス空軍のあるパイロットの好物がブルーベリージャムで、そのおかげで夕暮れでも物がはっきりと見えた」などという逸話を聞いたことがある人もいるでしょう。

しかしこの逸話、実は戦争に勝つために流された嘘情報だったんです!

この宣伝文句は、実はレーダーの性能を敵国ドイツに知られないようにするための方便でした。

(引用:「ブルーベリーが目に効く」は第二次世界大戦中にイギリス軍が流したデマが元だった)

実は当時から目にいいとされていたのは、ニンジンに含まれる「カロテノイド」で、ブルーベリーの「アントシアニン」ではなかったのです。

当時からルテインやゼアキサンチンなどのカロテノイドは目にいいと知られていました。

ルテイン・ゼアキサンチン(カロテノイド)

ルテイン・ゼアキサンチン(カロテノイド)

カロテノイドはニンジンの色素の元

ルテイン・ゼアキサンチンは「カロテノイド」という大きな分類に入ります。カロテノイドは600種類以上も存在しているといわれています。

(参考:ルテイン)

カンタンにいうと、「カロテノイド」はニンジンの黄色のもととなっている色素で、ルテインとゼアキサンチンはその一種です。

そして、網膜の黄斑部にもカロテノイドの一種のルテインとゼアキサンチンががあることがわかっています。「黄斑」という名前にも「黄」という字が入っている理由がなんとなくわかりましたね。

1945年、ハーバード大学のWald教授によってヒト網膜の黄斑部に黄色の色素の存在が認められました。

(中略)

Waldの発見から40年後、Boneらが行った研究から、ヒトの黄斑色素(中略)が明らかになりました。これらの成分は、それぞれルテイン、ゼアキサンチンとして同定されました。

(引用・参考:ゼアキサンチン)

網膜の中心にある黄斑は、モノを見るために非常に重要な役割をになっています。その黄斑の中心にはゼアキサンチンがたくさんあり、その周りにはルテインが多くあります。

そして、米 国国立衛 生研 究所( NIH )によって、ルテインとゼアキサンチンには、加齢黄斑変性の予防に大きな予防効果があるという報告がされています。

ルテイン・ゼアキサンチンの効果①.活性酸素を除去してくれる

活性酸素は黄斑部にある新生血管が破れる原因です。

ルテイン・ゼアキサンチンはこの活性酸素を除去してくれる効果があるとされ、加齢黄斑変性の予防に大きく貢献してくれます。

このことについては様々な文献で指摘されています。

ルテインは他の主要なカロテノイドと共に、以下に述べる多くの健康問題の原因となる活性酸素種(なかでも一重項酸素)やフリーラジカルを消去あるいは捕捉するのに有効であるとされています。

また、ルテイン、ゼアキサンチンといった限られた種類のカロテノイドとそれらの代謝物が局在する水晶体や網膜中心部では、ルテインとゼアキサンチンの2種類のカロテノイドがそのような組織で生じる酸化的ストレスに対して抑制作用を及ぼしている可能性のあることが多くの研究で示唆されています

(引用:ルテイン)

ルテインとゼアキサンチンは活性酸素が発生しやすい場所に存在し,活性酸素を消去することによって抗酸化力を発揮し,酸化ストレスから守ってくれているのである

(引用:機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠)

ルテイン・ゼアキサンチンの効果②.ブルーライトを遮断してくれる

ブルーライトは黄斑に直接届き、刺激を与えて障害を起こすことが報告されています。

黄斑が黄色い理由は、ブルーライトの青い光を吸収・遮断するためです。ブルーライト、つまり青色の反対色の黄色にすることで、打ち消しているのです。

青色の反対色の黄色

(参考:ウィキペディア)

紫外線は黄斑まで届きませんが、ブルーライトは黄斑まで届きます。そのため、黄色い色素を持ったカルテノイドの一種であるルテインとゼアキサンチンによって、有害な青い光だけを吸収・遮断しています。

カンタンにいえば、ルテイン・ゼアキサンチンは黄斑部にかけるサングラスのような役割を果たしているのです。

ルテインとゼアキサンチンは、抗酸化作用とブルーライトカットの2つの役割で私たちの視力を守っています。

ルテインとゼアキサンチンを補給しブルーライトをカットすることは,視覚機能の向上に役立つ可能性がある

(引用:機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠)

ルテイン・ゼアキサンチンの不足はサプリで補うのがベスト

サプリで補う

悲しいことに、ルテインもゼアキサンチンも体内で生成することができないため、果物や野菜から摂るしかありません。

しかも、体内にあるルテイン・ゼアキサンチンも年齢とともに減っていくといわれています。だから、抗酸化作用もブルーライトカット機能も年々落ちてしまいます。

また、果物や野菜から摂るといっても、1日に必要なルテイン10mgを摂取するには、これだけの野菜を毎日食べ続けなければなりません。

1日に必要なルテインを摂るのに必要な野菜

  • ブロッコリー 約10本
  • ニンジン 77本

毎日ブロッコリー10本、もしくはニンジン77本も食べ続けるのは、現実的でも経済的でもありませんよね。

また、2014年に慶應義塾大学でされた実験では、食事から摂れたルテインの量の平均値はたった1.52mgで、1日に必要な10mgには遠く及びませんでした。

研究の結果,黄斑色素の密度が高くなると,視機能が向上することも分かってきているが,ルテインとゼアキサンチンは体内で合成されないため,食事により摂取するしかなく,この2つのカロテノイドを食事だけで十分に摂取することは困難である

必要と考えられる量のルテインとゼアキサンチンを食事のみで摂取することは現実的ではない

(引用・参考:機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠)

サプリを飲むとルテイン・ゼアキサンチンが黄斑に集まる

でも、サプリメントってなんか怪しくない?

本当に効果あるの?

たしかに、世の中には怪しいサプリメントが多く出回っているため、サプリメントは注意して信頼できるものを選ぶ必要があります。

さらに、ルテイン・ゼアキサンチンに関しては、実験でその効果が確認されているため、信ぴょう性も高く、多くのひとが愛用しています。

サプリでルテイン・ゼアキサンチンを摂取すると、小腸から吸収されて血液が黄斑部まで運んでいきます。

そして黄斑に集まったルテイン・ゼアキサンチンは黄色い色素として黄斑部に蓄積していき、ブルーライトを吸収・遮断する機能を果たしてくれているのです。

サプリメントで摂取されたルテイン・ゼアキサンチンが黄斑に集まることは、米国ジョージア大学のビジョンサイエンス&ヒューマンバイオファクターラボの実験・研究で明らかになっています。

サプリメンテーションによりルテインとゼアキサンチンを摂取すると,黄斑部に到達し,黄斑色素の濃度が上昇することが示された

(引用・参考:機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠)

ルテイン・ゼアキサンチンを安心して摂取できるサプリメント2選

安心して摂取できるサプリ

眼精疲労・加齢黄斑変性の予防・改善のためのルテイン・ゼアキサンチン配合サプリメントをご紹介します。

2015年4月に「機能性表示食品制度」が始まってから、やたらと成分名と健康効果をアピールするサプリメントが増えましたよね。

パノカト
パノカト

「脂肪の吸収を抑える」とかよく目にしますよね。

機能性表示食品制度のおかげで消費者に「なにが」「どのように」体にいいのかがわかりやすくなった反面、悪質で信頼できない怪しいサプリメントも多く流通するようになりました。

例えば最近で言えば、「胸が大きくなる」という触れ込みで販売されていた「プエラリア・ミリフィカ」というサプリメントによる、健康被害があり販売中止になりました。

このサプリメントでは「胸が大きくなる」という効能を、ニセ科学をつかってアピールしていました。

「生理が止まった」「大量の不正出血が起こった」-。全国の消費生活センターなどに「プエラリア・ミリフィカ」の成分を含むサプリの摂取者から寄せられる健康被害の訴えが急増している。

(引用:「胸が大きくなる」はずが…健康被害 「女子力アップにサプリで女性ホルモン」に潜む落とし穴)

このように、慎重にサプリメントを選ばなければ健康被害の起こしてしまうため、ここでは本当に安心できる信頼性の高いサプリメントだけをお伝えします。

1.朝のルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタ

商品名朝のルテイン&プラセンタ
価格と内容量
初回:3,920円
2回目以降:7,840円
通常:9,800円
30本(約1ヶ月分)
1日あたりの値段
初回:130円
通常:294円
ルテイン
配合量
天然ルテイン40mg
※業界トップクラス
ゼアキサンチン
配合量
2.4mg
※1日推奨摂取量2mg
独自成分
プラセンタ
6000mg配合
飲みやすさ
錠剤ではなく、マンゴーゼリータイプなので続けやすい
残念ポイント
・価格が少し高め
良いポイント
・天然ルテイン使用
・水溶性だから吸収率が高い
・ルテインが大量配合されてる
・独自成分としてプラセンタが配合されている
オススメ度
5

朝のルテイン&プラセンタはルテイン・ゼアキサンチンサプリの定番中の定番といえる製品です。

この製品の特徴はなんといっても、40mgの大容量ルテイン配合です。ルテインが40mgも配合されているサプリは他には見たことがありません。業界トップクラスの配合量です。

通常ルテインは油に溶ける性質で、水には溶けにくいのですが、「朝のルテイン&プラセンタ」に配合されているルテインは水溶性なので、体内に効率よく吸収されます。

ゼアキサンチンも1日推奨摂取量の2mgを上回る2.4mg配合されています。

さらに、女性は特にうれしいのが、独自成分としてプラセンタを6000mgも配合しています。

さらに、朝のルテイン&プラセンタは眼科院長の武井正人先生がおすすめしているため、信頼性もバッチリで、安心して続けられます。

また、プラセンタが入っていて、さらに食べやすいゼリータイプなので女性に人気のようですね。口コミにはプラセンタでお肌の調子がよくなったと報告されています。

朝のルテイン&プラセンタの口コミ

女性(53歳)
「食べ始めてハッキリと変わるのを本当に実感しました」
女性(49歳)
「とにかくおいしいです。1年以上食べていますが、全然飽きませんね」

女性(60代)
「目の手術して半年たったころ、黒い水玉の様な物体が、5~6こ眼球に出ては消えました。

1年経った頃1個になったのですが気になるので先生に聞いたところ、それは取れないと言われました。

ルテインを食べ続けて小さくなり消えました。本当に驚きました、感謝でいっぱいです」

女性(70代)
「視力が0.5でしたがルテインを飲み始めて6ヶ月位からだんだんと視力も出て1.0右目が出てレース編みができるまでなっています。

女性(30代)
「目が疲れたり痛くなったりすることが軽減していたように感じています。プラセンタ効果か、お肌の調子がよかったです。

男性(30代)
「仕事で1日PCをみているので、目の奥まで重かったり、首筋や肩こりは職業病だとあきらめていましたが、このサプリを食べ始め、その症状が軽減したことを実感しました。

正直 業務の忙しさによって体調は変化しますが、食べる以前と比べると、その差を実感できたの良かったです。

諦めている人にすすめられます」

なお、本サイトだけの特別価格で先着300人限定で半額以下で提供しているので、お早めにお求めください。

当サイト特別の半額以下!

2.ルテインのちから

ルテインのちから

商品名ルテインのちから
価格と内容量
初回:980円
2回目以降:2,682円
通常:2,980円
60粒(約1ヶ月分)
1日あたりの値段
初回:32円
通常:99円
ルテイン
配合量
15mg
特許取得の無農薬・保存料なしの原料使用
ゼアキサンチン
配合量
3mg
天然ゼアキサンチン使用
独自成分
なし
飲みやすさ
錠剤タイプ
残念ポイント
・ルテイン配合量が少なめ
・独自成分がなにも入ってない
良いポイント
・価格が安い
・特許製法の高品質ルテイン使用
・農薬不使用・保存料なしの原料使用
・芸国研究所が発表した黄金比率の配合バランス
オススメ度
4

ルテインのちからはお手頃価格が特徴のルテイン・ゼアキサンチンサプリです。

ルテインは「朝のルテイン&プラセンタ」ほど多く配合されてはいないものの、ルテインとゼアキサンチンが5:1という黄金比率で配合されています。

黄金比率

さらに、ルテインの原料には無農薬で保存料をつかっていない食用マリーゴールドを使用しているため安心して続けられますね。

なにより価格が980円(初回)と安いが魅力的です。2回目以降も2,682円なので続けやすくなっています。

こちらも眼科院長の藤本先生がおすすめしているため、安心して飲み続けられますね。

「朝のルテイン&プラセンタ」が女性向けだとしたら「ルテインのちから」は男性向けになりますね。

ルテインのちからの口コミ

男性(30代、生物統計家)

「1日中パソコン仕事をしても集中できています!

若いときは問題なかったのですが、30代になってからは、しょぼしょぼして仕事にも集中できなくて。。。

『ルテインのちから』を続けて飲んでいますが、1日中パソコンを見ていても、夕方になっても仕事に集中できて、本当に嬉しかったです」

男性(60代、写真家)

「高価な栄養ドリンクよりコスパ的におすすめ!

私も、1日に10時間以上も液晶画面に向かう仕事なので、ブルーライト対策を施した専用メガネを使っていました。

『ルテインのちから』を飲み始めてから、朝起きたとき、特にいいんです!高価な栄養ドリンクを飲んでパソコンに向かっている人は、コスト的にもオススメします」

女性(20代、グラフィックデザイナー)

「いつも重たい感じが夕方になってもすごく爽快!

1日中パソコン画面を見て作業をする仕事なので夕方になると、いつも重たい感じがしていました。

『ルテインのちから』を飲みはじめてから、特に夕方になってもすごく爽快なんです!ずっとこの調子でいたいので、続けていきたいと思いました!」

初回限定で2,980円が980円になるので、ぜひこのチャンスを逃さないでください!

激安980円!

オメガ3・DHA・EPAも忘れずに!

オメガ3・DHA

目にいい成分はルテイン・ゼアキサンチンだけではありません。

実はDHAやEPAなども目にいいことがわかっています。

DHAやEPAは、黄斑や網膜にある「錐体細胞」や「桿体細胞」とよばれる視力に大きく関わる細胞を守っているのです。

そして特に重要なのが、DHAやEPAなどオメガ3と呼ばれている脂質には強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれます。

DHAやEPAもルテイン同様に、普段の食生活からだと必要な量を摂取しきれないので、サプリメントで摂ることをオススメします。

DHAサプリ:ハピネスマンボウサンQ

ハピネスマンボウサンQ

商品名ハピネスマンボウサンQ
価格初回:3,900円
2回目以降:9,070円
通常:11,340円
1日あたりの
価格
初回:130円
2回目以降:300円
DHA配合量52.8㎎
EPA配合量44.4㎎
独自成分DPA
57.6㎎配合
ポイント・サプリケースがもらえる
・希少なマンボウ肝油を使用
・青魚にはほとんど含まれないDPAが大量配合されてる
オススメ度
5

DHAサプリはいろいろなメーカーから出ていますが、目のことを考えるとこちらのマンボウ肝油が最適です。

独自成分のDPAは、グリーンランドなどの氷の大地にすむイヌイット(エスキモー)の人たちが、野菜や果物を食べずに海獣類の肉だけを食べているのに健康でいられる理由になっています。

DPAは牛や豚には入っていない、まったく異なった脂質でサラサラ成分として有名です。

DHA・EPA配合オーガニックサプリ:【グリーンプロポリス】

グリーンプロポリス

商品名グリーンプロポリス
価格初回:4,720円
2回目以降:6,992円
通常:8,740円
1日あたりの
価格
初回:157円
2回目以降:233円
DHA配合量140㎎
EPA配合量32㎎
独自成分プロポリス
180㎎配合
ポイント・DHAが140㎎も大量配合
・ミツバチ由来のプロポリス配合
・オーガニック原料を使用
オススメ度
4

グリーンプロポリスはオーガニック素材を使用しているため、高品質なサプリメントになっています。

DHA・EPAだけでなくミツバチ由来のプロポリスという独自成分を配合していて、健康効果が高いとされています。

サプリだけじゃない!眼精疲労・疲れ目予防にできること

眼

サプリをつかう以外に予防する方法はないの?

もちろんあります。

サプリメントでの栄養補給はもちろん大切ですが、日常生活で目に悪影響を与えることをしていたら意味がありません。

そこで多くの人がやりがちな「目に悪い習慣」や、目の健康予防のためにできることをご紹介します。

コンタクトレンズは8時間以上つけるとキケン!

あなたはコンタクトレンズをつかっていますか?

もし使っているのなら、8時間以上は絶対につけっぱなしにしないでください!

コンタクトレンズはそもそも涙に「浮いている」状態が正常なので、涙が少なくドライアイになりがちなひとには向いていません。

また、コンタクトレンズには「酸素透過性99%」みたいなことが書いてあったりしますが、あくまでもこれは工場から出荷されるときの段階のことです。

実際、目につけて使っていると、皮膚のタンパク質やゴミや汚れがつくので、酸素透過性もどんどん下がっていきます。

酸素が目に届かなくなると、角膜の表面の細胞が死んでしまうのです。

もう一度いいますが、コンタクトレンズは絶対に8時間以上つけるのはやめてください。そもそも眼球に直接貼り付けるものが目に対して優しいなんてことはありません。

コンタクトレンズをつけっぱなしにして生活をしていると、角膜の細胞が溶けて、小さな穴がいくつも空きます。その穴から最近が入り込んで眼球の中で最近が増えてしまうのです。

水道水で目を洗うのはキケン!

水道水

目にゴミが入ったとき、水道水で目を洗ってはいませんか?

もしくは、ツーウィークのコンタクトレンズを使っていて、保存するときに保存液を使わずに、水道水を使っていませんか?

もしそうだとしたら、失明のリスクが高いことを覚えておいてください。

水道水には当然、雑菌がはいっているし、地域によってはアメーバー原虫もいます。

実際に、コンタクトレンズの保存液に水道水を使って、アメーバー原虫による角膜炎になり、失明したひともいるので、絶対に水道水を使わないでください。

ドライアイ対策

あなたは目が乾いてしょぼしょぼすることはありませんか?もしかしたらドライアイかもしれません。

ドライアイとは、涙が分泌されづらくなって、涙の質も悪くなることによって、眼の表面が常に乾燥状態になってしまうことです。

高齢になればなるほど涙の分泌量は少なくなり、質も悪くなっていくため歳をるほどドライアイになりやすくなります。

ドライアイを改善するためには、単純にまばたきの数を意識的に増やすのが効果的です、

また、温かいタオルを目の上にのせてしばらく休むのもいいでしょう。

紫外線対策

紫外線対策

紫外線に含まれるブルーライトが加齢黄斑変性の原因になることは先ほど解説しました。

そのためにルテインやゼアキサンチンの摂取が必須だということも説明しましたが、そもそも紫外線にふれる量を減らしてしまうことも、目の健康を守るためには効果的です。

紫外線から目を守るためには、サングラスやブルーライトカットメガネを使用しましょう。

しかし、それだけでは不十分です。サングラスで前からの紫外線はガードできても、上や横からの紫外線はガードしきれません。

なので上・横・下から入る紫外線をガードするために、全に目が覆われるゴーグルタイプの保護メガネを使いましょう。

ゴーグルがイヤなら、ツバ付きの帽子をかぶるだけでも効果的です。

さいごに

以上、眼精疲労・疲れ目・加齢黄斑変性にならないための予防法の教養でした。

少しでも参考になれば幸いです・ω・

近視や白内障にならないための教養はこちらで解説しているので合わせてご覧ください。