【資産運用の教科書】初心者がお金を増やすオススメの全方法

【自分が嫌いな人必見】自分を好きになる方法9選と人生を楽しむ方法5選

スポンサーリンク
【自分が嫌いな人必見】自分を好きになる方法9選と人生を楽しむ方法5選どう生きる?生き方・人生哲学の教養

人生を楽しむ方法①.「いい」「悪い」と判断しない

人生を楽しむ考え方①.「いい」「悪い」と判断しない

まず、1つめの人生を楽しむための考え方は、あらゆる物事に対して「いい」とか「悪い」とかという判断をしないことです。

私たちは日常生活で実にさまざまなことに対して判断しています。

例えばニュースを見ていれば「いいニュースだなぁ」とか「悪いニュースばっかりだ」とか思いますよね。

この時点で私たちは判断しています。

「いい」も「悪い」もひとによって変わる

しかし、「いい」や「悪い」という価値判断は、人によってまったく変わるものです。

例えば、タバコがキライなひとにとってタバコは「悪い」ですが、喫煙者にとっては「いい」ものです。

また、戦争はほとんどのひとが「悪い」と思っていますが、一部の武器商人や政治家にとっては戦争は「いい」ものになります。

 

このように、どんな状況でも、誰からみても絶対的に「悪い」というものごとは存在せず、必ずいい面もあれば悪い面もあるのです。

だったら、ものごとは状況や味方によって「価値」が変わるのだから、すぐに「悪い!」と判断するのではなく、とりあえず「いいね」と考えたほうが人生楽しくなります。

人生を楽しむ考え方②.今この瞬間に集中する

人生を楽しむ考え方②.今この瞬間に集中する

私たちが生きているのは現在だけで、人生を楽しめるのもいつだって「今この瞬間」しかありません。

なぜなら過去は記憶でしかないし、未来はまだ存在しないからです。

 

しかし、多くのひとは心をつかって過去や未来に「タイムトラベル」をしています。

つまり、過去と未来についてはよく考えるのに、もっとも重要な「今現在」のことはあまり考えていないのです。

本当の幸せは「今この瞬間」にしかない

たしかに過去の思い出や、これからの未来に希望をもって生きることは大切だし、そうすることによって安らぎや期待を感じることも必要です。

しかし、現在から逃げるために過去と未来を使ってはいけません。

 

いまこの瞬間にしか感じられない本当の幸せを見失っているから、過去と未来に幸せを求めているのです。

本当の幸せとは、過去にも未来にもなく、まさにいま生きている現在でしか手に入りません。

心を「今この瞬間」に集中させる

過去と未来について想像することに忙しいあまり、「心ここにあらず」の状態で現在を生きるのではなく、つねに心は現在につなぎとめておきましょう。

今この瞬間を意識し続けるのはカンタンにみえるかもしれませんが、実際にやるのはかなりむずかしいことです。

 

しかし、現在を意識できるようになれば、いままで見えてなかったものが見えるようになり、感じられなかったことを感じられるようになります。

それは、今までも見えていたし感じてはいたものですが、「心ここにあらず」の状態だったので、味わおうとしていなかったものです。

 

現在に集中すれば、見えるものや聞こえるもの、触れるものなどすべての美しさに気づけます。

先延ばししなくなる時間管理の名言62選」では偉業をなしとげた人の名言を紹介していますが、偉人たちが時間についてどのように考えていたかを知れば、自然とあなたの時間に対する意識も変わるでしょう。

人生を楽しむ考え方③.人との出会いを楽しむ

人生を楽しむ考え方③.人との出会いを楽しむ

人生の楽しみの1つには、ひととの出会いがあります。

「でも、人見知りだし、内気だからひとと出会うのはこわいなぁ…」

たしかに、内気な性格だとひとと出会うのにも抵抗がありますよね。

そもそもなぜ、内気だとひととの出会いに消極的なのでしょうか?

内気な人が出会いを楽しめない原因

内気な人が出会いを楽しめない原因はいくつかあります。

「認められないかも」という恐怖

内気な人は「相手に認められないかもしれない」という恐怖があるので、誰かと出会っても自分をアピールせずにできるだけ存在感を消そうとします。

自分の話題になるとなにかボロを出してしまうのではないかと恐れているため、とにかく自分の話題になることを避けようとするのです。

とにかく人前で恥をかくことを極端に恐れているので、人前では自分を表現できません。

自分に自信がない

内気な人は自分に自信がないため、自分をできるだけ隠そうとしたり偽ったりします。

素の自分で接したら自分の欠点が露呈することを避けているのです。

また、バカだと思われたくないので会話にもあまり参加しようとしません。

自意識過剰

内気な人はとにかく自意識過剰で、自分が他人にどう思われているか、どう評価されているかを異常に気にします。

そのため、人と接するときは変に思われないように意識しすぎて不自然になってしまいます。

内気を克服するために自尊心をあげる

このように、内気だと人との出会いを楽しめないので、内気を克服する必要があります。

内気を克服するには、「自己肯定感・自信・自己効力感・自尊心を高めて自分を変える方法7選」で解説しているように、自尊心や自己肯定感などを高めて、自分に自信をもつことが重要です。

自分に自信があれば、相手が自分のことをどう思おうが気にならなくなるし、「認めてくれないかも」という恐怖心も消えます。

相手の緊張をほぐす

自分だけでなく相手も「認めてくれないかも」と恐怖心を抱いているかもしれません。

だったら、自分の恐怖心のことは忘れて、相手の恐怖心や緊張を和らげることに集中しましょう。

そうすれば相手はあなたを信用して、心をひらいてくれます。

自分のことは気にしない

「自分がどう見られているか」よりも「自分は相手をどう見ているか」に意識を集中させたほうがよっぽどうまくいきます。

そうすれば、自然と自分がどう見られているかが気にならなくなり、自然体で相手とコミュニケーションができます。

人生を楽しむ考え方④.自分の個性を発揮する

人生を楽しむ考え方④.自分の個性を発揮する

あなたは「自分は周りから浮いているな」と感じたことはないでしょうか?

「浮いている」感覚というのは、誰しもが経験する特別なものではないので、焦る必要はありません。

 

むしろ、そう感じて当然なのです。

なぜなら、あなたは他の誰ともちがう、唯一無二のオリジナルの存在だからです。

周りにあわせてはいけない

「浮いている」と感じたときに、多くのひとはやってはいけないことをしてしまいます。

それが、

「変に見られたくないから、ちゃんと空気読んで周りとあわせないと…」

と、周りにあわせようとすることです。

 

そんなことをしてしまうと、せっかくあなたの魅力でもある「あなたらしさ」やあなたの個性が死んで、クソつまらない人間になってしまいます。

個性は隠すものではなく発揮するものなので、浮いていると感じたとしても、それはあなたが特別だからなのです。

自分の個性を受けいれる

あなたは、あなただけの価値観や趣味をもち、あなただけがしてきた経験によってできているため、当たり前ですがこの世にあなたと同じひとはいません。

つまりあなたはとてもオリジナルで希少な存在なのです。

それだけ人と違うのだから、誰かがあなたの行動をみても理解できなかったりおかしいと思ったりするのは、なにも不思議ではありません。

なぜなら、その人もあなたとは違う価値観のもとで祖立ち、違う体験をしてきた人間で、誰とも違うからです。

 

仮にあなたに親しいひとでも、ときにあなたの行動は奇妙にうつるし、自分ですら自分の行動に疑問をもつことがありますよね。

つまり、ひとの行動は変だと思われて当然で、むしろそう思われないのはつまらない生き方をしているだけです。

だからこそ、自分の個性を受けいれて、それを発揮していく人生のほうがよっぽどおもしろいし、幸せな人生だといえます。

人生を楽しむ考え方⑤.批判を聞きいれる

人生を楽しむ考え方⑤.批判を聞きいれる

先ほど、人を「非難」してはいけないといいましたが、人からの「批判」であれば丁寧に聞き入れましょう。

人からの批判は、ときに耳に痛いことや傷つくようなこともありますが、それを聞きいれることが自分のためになります。

人からの批判は新たな自分を発見するチャンスか、さらに成長するための刺激剤だととらえると、批判が怖くなくなります。

 

ただの悪口や非難はスルーしてもOKですが、建設的な批判は聞きいれることでさらなる成長につながるので、心を広くして批判を受けいれましょう。

批判は自分の心に通す風のようなもので、批判をシャットアウトしすぎると風通しが悪くなり、心がよどんでしまいます。

たまに心に批判という冷たい風を通してやると、たしかにはじめは辛く感じますが、少しすればスッキリするはずです。

批判されても言い返さない

批判されるとムッとして、「あなたに言われたくない」とか言い返したくなりますが、そこはグッと我慢しましょう。

批判されたときは、努めて冷静に相手の意見を聞くことが大切です。

そのような姿勢をみた相手はあなたのことを見直すし、自分でも寛大な気持ちになれます。

 

腹が立っても、自尊心や自己肯定感を高くもって、むしろ自分の短所を指摘してくれた相手に「言ってくれてありがとう」と感謝しましょう。

また、数ある自分の長所に目を向けることも、冷静を保つコツです。

さいごに

【自分が嫌いな人必見】自分を好きになる方法9選と人生を楽しむ方法5選

私たちは些細なできごとに気をとられすぎています。

例えば、他人が自分の思ったとおりに動いてくれないときにイライラしたりしますが、そもそも他人が思いどおりになるという思い込みを外さなければなりません。

他人に期待している自分に気づいて、そんな些細な期待をしないだけで、ずっと生きやすくなります。

以上、【自分が嫌いな人必見】自分を好きになる方法9選と人生を楽しむ方法5選でした。

少しでも参考になれば幸いです・ω・

 

自己肯定感・自信・自己効力感・自尊心を高めて自分を変える方法7選」で、自尊心や自己肯定感を高める方法をわかりやすく解説しているのであわせてご覧ください。

自尊心や自己肯定感が高まれば、より自分を好きになれますよ。

参考・引用文献

当記事はこちらの「うまくいっている人の考え方」という本を参考・引用させていただきました。

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ一度読んでみてくださいね。