【資産運用の教科書】初心者がお金を増やすオススメの全方法

風邪ひき必見!体を強くするファスティングの効果と方法!半日~2日半コースが初心者にオススメ

免疫力をあげるファスティング健康・美容をまもる教養
  • なんとなく体調が悪い…。
  • すぐ風邪をひいてしまう…。
  • 免疫力を高めて健康になりたい…。
パノカト
パノカト

やぁ、今回のパノカトは、なんとなく不調なあなたに、簡単に免疫力を高めて元気になれるファスティングの方法を解説するよ。

この教養であなたは…
  • 免疫力があがり、風邪をひきにくくなる
  • ファスティングの効果とやり方がわかる
  • ファスティングにぴったりの酵素ドリンクがわかる

間違った知識をもとに自己流でファスティングを始めてしまうと、健康を害する恐れがありますので絶対にやめてください。

ファスティングは正しい知識と正しいやり方があって始めて効果を実感できます。

優光泉健康訴求

この記事は約9,000字で5~10分で読めます

「食べすぎ」が不調の原因

あなたの体の不調の原因は「食べすぎ」かもしれません。

ええ、食べすぎなんかで体調は悪くならないよ。

バカじゃねーのウケる。

たしかに食べすぎと体調不良はあまり関係がないようにも思えますよね。

しかし、1万年以上もの歴史のあるヨガの教えにはこのようなものがあります。

「腹八分に医者いらず」

「腹八分で老いを忘れる」

あなたは腹八分以上になっても食べ続けて、ついつい「食べ過ぎた~」といって気持ち悪くなったことはありませんか?

たまにならまだしも、普段から腹10分以上になるまでたくさん食べていると、健康を害してしまいます。

ヨガの教えにはこのようなものもあります。

「食べる工夫ではなく、食べない工夫をしろ」

「空腹を楽しめ」

もちろん、栄養が必要なときには食べる努力も必要ですが、栄養が足りているのなら食べない工夫こそ必要です。

さらに、ヨガだけでなく、なんとあのイエス・キリストですらこんな教えを残しています。

飽くほど食らうなかれ。

貧しきものは幸いなるかな。

過去の偉人・賢人は食べすぎによる害をよく理解していたようです。

食べすぎによる弊害

食べすぎが悪いのはわかったからさ、具体的にどう悪いの?

私たちは普段ご飯を食べて、胃や腸で消化・吸収をしていますよね。

その消化・吸収にどれくらいエネルギーが使われているか知っていますか?

1日3食を食べると、それを消化・吸収するのに使われるエネルギーはフルマラソンを完走するほどともいわれています。

つまり毎日3食しっかり食べているひとは、毎日フルマラソンを走っているのと同じなのです。

さらに1日4食や1食が多いひとは、フルマラソン以上を毎日走ってるのと同じエネルギーを毎日使っていることになります。

じゃぁ、どうすればいいの?

簡単です。

ヨガの教えの通り、「食べない工夫」をすればいいんです。つまり、「何も食べない」ということです。

それにうってつけなにが、最近流行りのファスティング(断食)です。

ファスティング(断食)

ファスティングとか断食ってほんとうに効果あるの?

あります。

ファスティングをすると消化・吸収が必要なくなるので、普段は消化・吸収に使われるエネルギーが、ほかのことに使われるようになります。

それが主に以下の3つです。

  • 自然の治癒力を高める(治癒)
  • 免疫力を高める(免疫)
  • 体内の毒をだす(排毒)

何も食べないことによる空腹感は、生命力のスイッチとなるのです。

人類の歴史の大半で、私たちはつねに餓死する恐れと戦ってきました。

それが、食べものが飽和して餓死する恐れがほとんどなくなったのは、最近のことです。

食べものの供給をすこしストップすることで、安心してなまけている体を

おい!食いもんが入ってこねぇぞ!ヤベェ!死ぬ!

と、焦らせて、目覚めさせるのです。

そうすると飢餓への恐怖を体が思い出し、生き残るため、必要なところにエネルギーをふりわけるようになります。

つまり、病気やケガ、体調が悪いときの3原則はこのようになります。

体調が悪いときの3原則

①.食べず!

②.動かず!

③.寝てろ!

ファスティングの効果8個

ファスティングには数多くのメリットがありますが、ここでは代表的な10個の効果・効能をご紹介します。

  1. 体内でのエネルギーの使い方が変わる
  2. 宿便を排泄する
  3. デトックスする
  4. 血管がキレイになる
  5. 遺伝子を元気にする
  6. 体力がつく
  7. 免疫力があがる
  8. 活性酸素が減る

それではひとつずつサクッと解説していきますね。

体内でのエネルギーの使い方が変わる

これはさきほども説明した通り、ファスティングをすると普段は消化・吸収につかわれるエネルギーが別のところに使われるようになります。

それが以下の3つです。

  • 自然の治癒力を高める(治癒)
  • 免疫力を高める(免疫)
  • 体内の毒をだす(排毒)

これにより体が自然と元気になっていくことを体感できます。

宿便・滞留便を排泄する

ファスティングでは、宿便や滞留便という、お腹に留まってしまう便を排泄してくれる効果があります。

宿便とは便秘により腸内に長く滞留している糞便のことである。

必要な場合には治療として浣腸などが行われる。

引用:Wikipedia

簡単にいうと、腸にこびりついたり、消化管運動の異常により、出てこないウンチのことです。

ファスティングをすると、この宿便・滞留便が出てきて腸内環境がよくなります。

「腸に便が滞留する、いわゆる便秘で、腸内環境が悪化する。すると、腸の動きも悪くなる。

その結果、腸の血流やリンパが滞り、ひいては全身の冷えやむくみなどの原因にもなる」

と言うのは、順天堂大学医学部の小林弘幸教授。

引用:下腹ポッコリの便秘、たった3分の「腸もみ」で改善

デトックスする

デトックスとは、排出されずに体のなかに溜まっている毒素を体の外に出すことです。

解毒ともよばれていますね。

排便や、排尿などでデトックスをしているので、私たちの体にはデトックス機能が標準装備されています。

しかし現代は食べものがたくさんあり、常になにかを食べていたり、添加物や排気ガスなどの環境ホルモンだらけなので、私たちの標準装備のデトックス機能では、解毒が間に合っていないのです。

だから、私たちは意識してデトックスをしなければなりません。

解毒と吸収は同時にはできないので、解毒を促すには消化を一時的にとめる必要があります。

「吸収を止める」というのは、食べるのをやめる、つまりファスティングです。

血管がキレイになる

ファスティングをすると、血管がキレイになります。

そのメカニズムは「自己融解」とよばれる現象がカギとなります。

普段、私たちは食べものからエネルギーを得ています。

しかしファスティングなどで飢餓状態になった体には、エネルギーとして利用できる食べものがなくなります。

そこで、私たちの体は生命維持のために自分の体内の組織をエネルギーとして消費するのです。

これを自己融解といいます。

このときにまっ先に利用される組織が、以下のような体に悪い物質や不健康な組織です。

  • 皮下脂肪
  • 内臓脂肪
  • 動脈硬化の組織

これらの組織が優先的にエネルギーとして消費されるため、血管がキレイになり動脈硬化の予防にもつながります。

自己融解とは、断食によりある程度の時間空腹でいる事で、身体を維持するために必要なエネルギーを自身のどこかしらから調達しようとする、人体に備わった飢餓対策の事。

皮下脂肪や内臓脂肪は勿論だが健康ではない組織、つまり病理組織や動脈硬化等の組織から優先的に消費されて行く。

この際に、融解した部分に蓄積されていた老廃物や毒素が代謝され、体外へ排泄される事により様々な効果をもたらす。

参考:究極のデトックス 自己融解

長寿遺伝子が目覚める

私たちの体には長寿遺伝子とよばれる「サーチュイン遺伝子」という遺伝子があります。

このサーチュイン遺伝子は普段はオフの状態になっていますが、オンにする方法こそファスティングなのです。

入ってくるカロリーが減ると、体が飢餓を感じ取り、生命力を高めようとしてサーチュイン遺伝子がオンになります。

飢餓感が続くと、私たちの体は、

ヤバイ、このままじゃ子孫を残せなくなるかもしれない…。

また繁殖のチャンスがくるまで生命力を高めておこう!

という感じで、飢餓の時代に編み出された生命維持機能が働き出すのです。

また、人間以外の生き物の実験では、食べものを与えないことで老化を遅らせてみたところ、寿命が延びたという結果がいくつか報告されています。

遺伝の実験でよく使われる大腸菌や酵母菌といった細菌を、栄養を取り除いた環境で育てたところ、通常の2〜4倍も長く生きたという。

また、線虫やハエなども、断食によって寿命が延びることが示されている。

引用:断食をすると体の中で何が起こるのか?分子レベルで解明進む

体力がつく

ファスティングをすると体力がつきます。

え?なにも食べなかったっら体力が落ちそうな気がするけど…。

たしかに、エネルギーを生みだすためには食べものが必要ですが、食べものを消化・吸収するのにも多大なエネルギーが使われることはお話しましたね。

現代の人たちは、常になにかを食べすぎていて、消化・吸収に体力をもっていかれているのです。

そもそも、毎日3食キッチリ食べる動物なんてのは、人間だけで、自然にいるライオンなどの動物はそんなに食べません。

人間の食生活はきわめて不自然で、食べすぎなのです。

常にお腹のなかに食べものを詰め込んでいて、空腹を感じるヒマもないほど常に食べているので、消化・吸収に体力を奪われています。

なので、消化・吸収をすこしストップさせて体力の温存をすることもとても大切です。

免疫力があがる

ファスティングをすると免疫力があがるという研究報告もなされています。

興味深い研究報告が発表された。

半年に一度、2~4 日間の断食をすると、免疫系が再生するというのだ。

南カリフォルニア大学(USC)長寿研究所のヴァルテル・ロンゴ教授らの研究によると、断食によって血液や免疫系の生成にかかわる造血幹細胞が活性化して、新しい白血球が生み出され、免疫系が再生することがわかった。

2014年6月5日付のUSC Newsが伝えたところでは、「飢餓状態になると、体はエネルギーを節約しようとして、ダメージを受け不要になった免疫細胞をリサイクルしようとするのではないか」とロンゴ教授は分析している。

断食はさらに、幹細胞の活性化を阻害する酵素(PKA)や、老化やがんのリスクと関係するホルモン(IGF-1)を減少させるという。

「断食は、老化や化学療法の副作用でダメージを受けた免疫システムを再生する。文字通り、新しい免疫系をつくるのです」とロンゴ教授。

引用:断食は究極のアンチエイジング! 半年に一度、2~4日間で免疫系が再生

活性酸素が減る

活性酸素は体に良くない…となんとなく聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

鉄がサビるのは酸素により酸化するせいですよね。

鉄と同じように、私たちの体も酸素によって酸化し、老化してしまうのです。

活性酸素は本来であれば、細菌・ウイルスやガンを攻撃してくれるのですが、増えすぎると正常な組織や遺伝子も攻撃してしまいます。

活性酸素が増えて酸化していくと、動脈硬化や心筋梗塞、ガンなどさまざまな疾患のリスクが高まります。

この活性酸素を無害化するのがファスティングです。

正確には、ファスティングによって増える「スーパーオキシドジスムターゼ」という酵素が抗酸化作用をとりのぞいてくれます。

スーパーオキシドジスムターゼは直訳すると「活性酸素を除去する酵素」という意味で、ファスティングによりこれらの酵素の働きも高まります。

ファスティングをするまでは消化・吸収に酵素が使われますが、消化・吸収するものがなくなると、酵素は活性酸素の除去に力を発揮しはじめるのです。

リバランス(原料訴求)

ファスティングの基本のやり方

よし、じゃぁ早速ファスティングをしよう!

とりあえず食べなきゃいいだけだよね?

我慢できるかなぁ。

「ファスティング=食べなきゃいいだけ」という解釈でファスティングをはじめるととてもキケンです。

ファスティングは断食とはちがって、最低限の栄養素を補いつつ行うので、「プチ断食」ともいわれていますね。

ファスティングに必要な「最低限の栄養素」とは、最低限のカロリー、ビタミン、酵素などを指します。

最低限の栄養素を摂るのに必要な食材

  • 梅干し
  • 大根
  • キュウリ
  • セロリ
  • ニンジン
  • バナナ
  • リンゴ
  • 生姜
  • 黒酢
  • 亜麻仁油

これらを用意するのがめんどうな方は

  • 酵素ドリンク

などが最低限の栄養素を摂るのに必要な食べものです。

水だけのファスティングや、自己流で選んだ食材をつかったファスティングは絶対にしないでください。

食材を用意したり、準備するのがめんどくさいという方、栄養素が十分摂れているか心配な方は、酵素ドリンクの使用をおすすめします。

酵素ドリンクはファスティングの間に飲むようにつくられていて、1日に必要な酵素、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく配合されているので、初めてのファスティングにも最適です。

パノカト
パノカト

一気にこれだけの食材を用意するのもめんどうですよね。

 

ファスティングの日数別のやり方

さてそれでは、ファスティングの具体的なやり方を解説していきます。

ファスティングはいきなり1週間や1か月など長期間でするよりも、まずは1~2日ほどの短期間からはじめることがオススメです。

いきなり長期間のファスティングをすると、逆に体調を崩しかねません。

なので、体を慣らすためにも1~2日からトライしていきましょう。

パノカト
パノカト

平日は仕事をしていても、1~2日なら週末の金土日を利用できますね。

ファスティング半日コース

それではもっとも手軽なファスティング半日コースからご紹介します。

ファスティングをやったことがない、始めてファスティングをする方はまずは半日コースから始めるのがオススメです。

半日コースで必要なものは、水だけです。
半日なら最低限の栄養素も必要ありません。

しかし、水分補給はしっかり行ってください。

ファスティング半日コースのスケジュール
  • 前日の夜7~8時
    普通の食事をとる
    前日の夜7~8時までに普通の食事を済ませておき、それ以降は食べない
  • 翌日の昼
    ここまで断食
    およそ16~18時間のファスティングになる

これがファスティング半日コースの大まかなスケジュールです。

何も食べない時間は16~18時間ほどですが、胃や腸がやすまり、消化・吸収にエネルギーを使われないので、消化酵素も増えていきます。

ファスティング1日コース

つづいてファスティング1日コースです。

1日以上となると最低限の栄養素を摂る必要があるので、最低限の栄養素を摂れる食材か、酵素ドリンクを用意してください。

ファスティング1日コースは、朝・昼・晩に酵素ドリンクを飲むか、梅干し1個とプラスの栄養素を摂るスケジュールです。

ファスティング1日コースのスケジュール
  • 酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
    酵素ドリンクを飲まない場合は、亜麻仁油を大さじ1杯飲む
  • 酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
  • 酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
    酵素ドリンクを飲まない場合は、大根おろし・キュウリ・セロリを1本ずつ食べる

私たちは毎日当たり前のようにたくさん食べものを食べているので、胃腸も常に働きっぱなしです。

しかし、ファスティング1日コースは丸1日ほとんど何も食べないので、胃腸がかなり休まり、デトックスもかなり促進されます。

1日コースは1ヶ月に2回くらいの頻度で行うとよいでしょう。

パノカト
パノカト

酵素ドリンクだと朝昼晩に同じものを飲むだけなので楽ですね。

ファスティング2日コース

慣れてきたら2日コースへとステップアップしましょう。

ファスティング2日コースは、基本的には1日コースと同じで、1日コースを2日繰り返すスケジュールとなります。

ファスティング2日コースのスケジュール
  • 酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
    酵素ドリンクを飲まない場合は、亜麻仁油を大さじ1杯飲む
  • 酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
  • 酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
    酵素ドリンクを飲まない場合は、大根おろし・キュウリ・セロリを1本ずつ食べる
  • 2日目
    1日目と同じスケジュール

しかし、1日コースよりも食べない時間が長いので、必要な栄養素が少し増えます。

なので、酵素ドリンクを飲まない場合は、野菜のすりおろしたものをやバナナ、リンゴ半分などを1日のどこかに食べるようにしましょう。

野菜のすりおろしの作り方は、大根5センチ、生姜一欠片、ニンジン3分の1をすりおろしたものに、しょうゆ少々、黒酢少々、亜麻仁油を大さじ1杯かけるだけです。

すこしめんどうですが、必要最低限の栄養素をとらなければ健康になるどころか体を壊してしまいます。

不安な方やめんどうな方は酵素ドリンクを使用すると、それだけで済むので楽です。

ファスティング2日半コース

何も食べない体の軽さ・快感・体調のよさを体感しはじめたら、初心者向け最終段階のファスティング2日半コースに挑戦してみてはいかがでしょうか?

金曜の夜から月曜の朝をつかえば、平日の仕事にも影響がでにくいので週末を利用するのがオススメです。

ファスティング2日半コースのスケジュール
  • 金曜の夜
    酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
    金曜の夜からスタートして、日曜日の夜がゴール
  • 土曜の朝
    酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
    酵素ドリンクを飲まない場合は、亜麻仁油を大さじ1杯飲む
  • 土曜の昼
    酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
  • 土曜の晩
    酵素ドリンクor梅干し1個を食べる
    酵素ドリンクを飲まない場合は、大根おろし・キュウリ・セロリを1本ずつ食べる
  • 日曜日
    土曜日と同じスケジュール
  • 月曜の朝
    回復食を食べる
    ファスティング後は胃腸が弱っているので、お腹にやさしいものを食べる。
    ヨーグルトやうどん、おかゆなどがオススメ

ファスティングを2日半もやれば、体のなかの毒素はスッカリ抜けて、デトックス効果も一目瞭然です。

明らかに体調がよくなるのを感じ取れます。

ただし、必要最低限の栄養素をしっかり摂れることが条件です。

1日にコップ10杯以上の水と、野菜のすりおろしなどをバランスよく摂取しましょう。

めんどうな方、不安な方は酵素ドリンクを使うと、栄養の計算をせずにカンタンにバランスよく栄養素を補えます。
ジャンプ先です。

ファスティングに最適な酵素ドリンク3つを徹底比較!

さきほども解説しましたが、ファスティングには必要最低限の栄養素を補いながら行う必要があります。

それには梅干し、大根、キュウリ、セロリ、ニンジン、バナナ、リンゴ、生姜、黒酢、亜麻仁油などの食材を用意しなければなりません。

これがめんどうで自己流にファスティングをやって失敗してしまう方もいるので、その辺りが不安だったりめんどうな方は酵素ドリンクでファスティングをするのがオススメです。

しかし、酵素ドリンクは世の中に大量に出回っていて、なかには悪質なものも流通しています。

なのでここでは信頼できるものだけをご紹介します。

優光泉:ファスティング専門家が開発した無添加の酵素ドリンク

優光泉

商品名優光泉
値段通常:7,992円
初回:6,372円
送料送料・代引き手数料無料
保証返金保証付き
30日以内なら開封済みでも返品OK
内容量1,100ml (550ml × 2本)
1日の値段
(初回購入)
ファスティング:約1042円(180ml)
1食置き換え:約436円(60ml)
使用回数ファスティング:約6日分
1食置き換え:18.3食分
ポイント原料は国内産100%、九州産90%
1食分のカロリーが低い(107kcal)
白砂糖・添加物無添加
安心返金保証つき
評価
5

優光泉はファスティングの専門家が開発したファスティング専用ともいえる定番の酵素ドリンクです。

ファスティング初心者の方、ファスティングを初めてやる人がまず選ぶべき酵素ドリンクといって差し支えありません。

優光泉は昭和53年創業の断食道場の長年の研究成果から生まれた「酵素断食」の独自ノウハウと理論が生みだした酵素ドリンクです。

さらに、完全無添加にこだわってつくられており、使われている60種類の食材は全て国産。そのうちの90%は九州の野菜を激選してつかわれています。

味は「スタンダード」と「梅味」の2種類があり、味に飽きずに続けられるのも嬉しいポイントです。

味にバリエーションがある酵素ドリンクは珍しく、ほとんどの酵素ドリンクは自分でアレンジして味を変えることを推奨しています。

しかし、優光泉ははじめから2種類の味が用意されているので、ほかの酵素ドリンクよりも倍飽きずに続けられます。

さらに、いかなる理由でも返品しても返金してもらえる「安心返金保証」がついているのも、優光泉だけです。

なので安心して気軽に試せるのがポイントですね。

優光泉の公式サイトを見る

MREビオス:34カ国で特許取得の酵素ドリンク

MREビオス

商品名MREビオス
値段お試し:9,524円
定期:9,051円
送料九州・関西(一部)無料
保証解約・変更はいつでもOK
内容量900ml
1日の値段
(定期購入)
ファスティング:約905円(90ml)
1食置換え:約300円(20~30ml)
使用回数ファスティング:約10日分
1食置換え:約1ヶ月分
ポイント防腐剤・着色料無添加
34カ国で特許取得
0カロリー
評価
5

MREビオスは世界34カ国で特許を取得しているMRE新酵素という成分を配合した、世界に認められている酵素ドリンクです。

※国際公開番号:WO/2010/095463 2018年10月時点
※日本特許庁 特許番号:4951150 登録日:2012年3月16日

MRE成分とは

このMRE新酵素という成分は耐熱性があり、130℃まで耐えられます。

なので、体のなかで壊れることもないし、ホットにして飲むこともできます。

さらに、MRE新酵素は「超低分子」で、非常にサイズの小さい分子構造をしているので、からだの細胞の隅々までいきわたります。

MREビオスのレビューや口コミを見てみると「アトピーが改善した」「肌や髪の調子がよくなった」という声が多く見当たりました。

MREビオスの公式サイトをみる

毎日酵素:無添加ココナッツ酵素ドリンク

毎日酵素

商品名毎日酵素
値段単品1本:6,980円
定期初月:3,490円
送料送料無料(定期コース)
保証放射能検査・残留農薬検査
ともに「検出なし」を確認
内容量720ml
1日の値段
(定期初月)
ファスティング:約436円(60ml)
1食置換え:約145円(30ml)
使用回数ファスティング:約12日分
1食置換え:約1ヶ月分
ポイントファスティング指導専門家が利用中
低カロリー(100mlで53kcal)
原料が100%天然無添加
評価
4.5

「毎日酵素」は利用者の97%が変化を実感している、多くのひとに効果が期待できる酵素ドリンクです。

さらに、ファスティング指導の専門家が実際に利用しているので、安心してつかえますね。

ファスティング指導専門家が利用中

「毎日酵素」の原材料は天然由来の16種類の素材のみをつかっていて、ムダのない原料でつくられています。

口コミやレビューを見てみると「プチ断食に愛用!」や「便秘に悩まなくなった」という声が多く見つかりました。

さらに「放射能検査」「残留農薬検査」を第三者機関に調べてもらったところ、どちらも「検出なし」を確認しているので、かなり安全性が高いことも安心ですね。

毎日酵素の公式サイトをみる

さいごに

「子どもは少し飢えさせて育てよ、震えさせて育てよ」

貝原益軒『養生訓

これは江戸時代の学者、貝原益軒の著書『養生訓』の教訓です。

養生訓 (講談社学術文庫)
貝原 益軒
¥ 1,404(1970/01/01 00:00時点)

「少し」というのがポイントで、「少しだけ」ひもじい思いをさせたり、「少しだけ」寒い思いをさせることで、人間の本来のたくましさや、長寿遺伝子のスイッチをオンにするのです。

食べ過ぎは、あらゆる生理機能を弱める

とくに生殖や子どもを残す能力が真っ先に弱くなります

平川郁氏(熱海断食道場代表)

食べすぎによる弊害はけっして他人事でもないし、笑い事でもありません。

空腹感による生理的なストレスは、私たちの身体に、生存本能を呼び起こすアラームとして警告してくれます。

空腹は子孫を残す保存本能のスイッチがオンになりますが、食べすぎによる栄養過多の状態では、子種はできません。

「断食が、若返り法でありうるのは当然の理なのですが、『断食とセックス』の関係には、たんなる生命力の回復ということ以上の、自然界の深い神秘がひそんでいるようです」

以上、体調が悪い人のためのファスティングの効果と方法の教養でした。

すこしでも参考になれば幸いです・ω・

優光泉健康訴求

優光泉

人気記事正しい呼吸法の教養
人気記事正しい睡眠の教養