【資産運用の教科書】初心者がお金を増やすオススメの全方法

貯金ゼロ必見!お金を貯める7つの方法と貯金を増やす5つの法則【投資】

スポンサーリンク
お金を増やす7つのコツお金を稼ぐための教養
  • お金がぜんぜん貯まらない…。
  • カンタンにお金を貯める方法とか、貯金を増やすコツってないかな…。
パノカト
パノカト

やぁ、今回のパノカトは、こんな疑問にサクッと答えていきます。

どうしてもお金が貯められないあなたが、お金を貯める方法をお伝えします。

お金を効率的に増やしていくには、ただ貯金するだけでなく、「本当の財産」を考えなければなりません。

本当の財産とは、手元にある現金のことではなく、お金が入ってくる流入経路のことなんです。

この教養であなたは…
  • お金が貯まる
  • お金のムダづかいがなくなる
  • お金でお金を増やせるようになる

この記事は約5,000字です

スポンサーリンク
THEO

お金が貯まる7つの知恵

では早速、お金が貯まる7つの知恵をご紹介します。

  1. 収入の10分の1は必ずのこす
  2. 欲しいモノと必要なモノを区別する
  3. 貯金は寝かさず増やす
  4. なにも知らないまま投資してはいけない
  5. 家賃を捨てるだけの賃貸より持ち家
  6. お金が入る経路を作るため今から貯金を始める
  7. 目的を持ち、自分の能力をのばし、行動する

それでは1つずつ解説していきますね。

収入の10分の1は必ずのこす

使ったあとに残ったお金を貯金しよう。

というスタンスで貯金するひとは、ほとんどが失敗します。

ほとんどのお金を使ってしまい、貯金するお金は結局のこりません。

なので、お金が入ってきたら、まず1番最初にやることは、そのうちの10分の1をまっ先に貯金します。

あとの残りの10分の9で、生活をしていきます。

例えば、月収20万円だとしたら、そのうちの10分の1にあたる2万円を貯金して、残りの18万円で1か月を暮らしていきます。

でも、飲み会とか遊びに誘われて、急な出費が必要なときで足りなかったらどうするの?

たしかに、急な出費が必要なときもありますよね。

しかし、お金が足りなくて行けない場合は、思いきって断りましょう。

それか、急な出費に備えて普段から節約をしておくのもいいです。

本当に貯金したいのであれば、「なにが不要な出費か?」を真剣に考えて、それを徹底的に排除しなければなりません。

穴の空いたバケツに、水をいくら溜めようとしても溜まらないのと同じように、不要な出費をなくさない限り、お金が溜まることはありません。

パノカト
パノカト

遊ぶのを一回断ったくらいで縁が切れる友達なら、そもそもそれは友達じゃないですよね。

欲しいモノと必要なモノを区別する

パノカト
パノカト

私はスーパーに行くとついついポテチトップスを買ってしまうのですが、これは必要なわけではなく、私がただ食べたいだけなのです…。

ポテチはなくても困りませんが、毎日食べるお米や、野菜、肉などは必要ですよね。

このように、「必要なモノ」と「ただ欲しいだけのモノ」とを区別して、できるだけ「必要なモノ」だけを買うようにしましょう。

自分のなかでは「ポテチもおいしいから必要…」とだましだまし買っていますが、このようなニセの必要経費はほうっておくと、収入と同じ額までふくらむことになります。

なので、必要なモノとほしいだけのモノをごちゃごちゃにしてはいけません。

有名な言葉にこのようなものがあります。

買う理由が「値段」ならやめておけ。

『商品自体に価値を感じていないのに、金額が安いという理由だけで買うのは意味がない』という意味。

「安い」という理由は買う理由にはならないということです。

たとえたった100円だろうと、積み重なれば大きな額になります。

たとえたった100円だろうと、お金をつかうときは「本当に必要か? 貯金するべきか?」を考えてからつかいましょう。

じゃぁ、必要のない娯楽的なモノは買っちゃいけないの?

いえ、もちろん生活に楽しみや娯楽は必要です。

ただ優先順位の1番めが「必要なモノ」、2番めが「貯金」、そして3番めに「娯楽」がきます。

必要と貯金をまかなったうえで、残ったお金で娯楽を楽しめるように予算をくむことです。

パノカト
パノカト

私もこれからポテチを買うときは、安くても誘惑に負けずに貯金します。

貯金は寝かさず増やす

貯金は、ただお金を貯めるだけだと思ってませんか?

実は違うんです。

人間にとって、本当の財産というのは、いま手元にある現金のことではありません。

本当の財産というのは、定期的に入ってくるお金、つまり定期収入のことです。

つまり、ただ現金を貯めて貯金するよりも、そのお金でさらに収入を増やしたほうがずっとお金が貯まりやすくなります。

いわゆる「お金に働いてもらう」ということですね。

ビジネスなどにお金を投資するもいいですが、いきなりは不安だというかたは、まず自分に投資するのが1番かもしれません。

自分に投資するのが1番のリターンが得られますからね。

こちらの教養では、資源が少ないがために、金融で大国へと成長したスイスの投資術を解説しています。

  1. 心配のない人生はクソ、もっと冒険してリスクをとるべき
  2. 投資でもギャンブルでも勝ってる間に利益をとれ
  3. お金の世界に規則性・パターン・法則はない
  4. 負けるときは粘らずに負けを認める
  5. 投資の未来はだれにもわからない
  6. 投資先に感情移入せずに利益をおうべし
  7. 投資では楽観よりも、自信が必要
  8. 投資でみんなの意見はあてにならない
  9. 投資で失敗したら忘れろ
  10. 長期計画、長期投資はしてはいけない

投資をするなら絶対に知っておきたい知識ばかりです。

なにも知らないまま投資してはいけない

貯金は寝かさずに投資すべきだといいましたが、当然なんでもかんでも投資していいわけではありません。

元本となる貯金がなくなっては意味がないので、必ず元本は確保しましょう。

しかし、元本の保証や、回収したいときにできなかったり、利息を必要以上にとられてしまうなど、初心者にはむずかしいところもあります。

なので、まずは投資経験のあるひとに教わったり相談することが先決でしょう。

近くにそのようなひとがいない場合は、自分に投資というカタチで、本などを買って勉強するのがオススメです。

世界一やさしい 株の教科書 1年生
ジョン・シュウギョウ
¥ 1,598(1970/01/01 00:00時点)

家賃を捨てるだけの賃貸より持ち家

お金を貯めるには、毎月の固定費を下げるのは当然ですが、固定費のなかに、毎月捨てているお金があります。

それが賃貸の家賃です。

賃貸だと、いくら払っても家は自分のものにはなりません。

そのまま大家さんに入るだけです。

しかし、持ち家の場合はローンの支払いが終われば、それ以降は家にお金がかからないだけでなく、家は自分の資産となります。

さらに、賃貸は家賃の利益の分だけおおくお金をとられているので、持ち家よりも払うお金がおおくなります。

したがって、本気でお金を貯めたいのなら、賃貸という選択肢はまずありえないでしょう。

また、持ち家には「安心する」という精神的なメリットもあります。

退職後にお金が入らなくなっても家賃を払いつづけることがないので、年金だけで生きていけるし、急なリストラや倒産でも、「家がある」という安心感は大きいです。

お金が入る経路を作るため今から貯金を始める

なにより大切なのは、いまから貯金を始めることです。

それは、将来大きな収入経路をつくるためです。

残ったお金をちまちまと貯めるのも、もちろん悪くはありませんが、それはあくまで大きな収入経路をつくるための準備金にすぎません。

ある程度お金が貯まったら、大きな投資をしていくべきです。

不動産は、選び方さえ間違えなければ、将来的に価値は落ちませんし、一生モノの収入経路をつくれます。

また、一定の金額を金貸しに貸して、利息とともにお金が返ってくれば、どんどんお金は貯まっていきます。

目的を持ち、自分の能力をのばし、行動する

お金がほしいなぁ…。

お金たまらないかなぁ…。

私たちはこんな感じでボヤァ~っとした願望を抱いています。

しかし、望みはこんなボヤァ~っとしたものではなにも叶いません。

私たちは、強く望んだものしか手に入らないからです。

お金が欲しいのなら「いくら」「いつまでに」ほしいのかを明確にして、それを強く願いつづけなければなりません。

そして、お金について学び、投資や仕事の技術を開発し、自尊心をもって行動することが大切です。

bookee

貯金の5つの法則

また、お金には、5つの黄金法則というものがあります。

一、将来の資産と家族の財産を築くため、最低でも収入の10分の1を貯めるならば、黄金は自ら進んで、しかもだんだんとその量を増やしながらやってくるだろう。

二、貯まった黄金がさらなる利益を生むような働き口を見つけてやり、家畜の群れのごとく増やせる賢明な主人となるならば、黄金は勤勉に働いてくれるだろう。

三、黄金の扱いに長けた人々の忠告のもとに黄金を投資するような慎重な主人であれば、黄金はその保護のもとから逃げようとはしないだろう。

四、自分のよく知らない商売や目的、あるいは黄金を守ることに長けた人々が認めないような商売や目的に使われる黄金は、その人間から逃げてゆくことだろう。

五、ありえないような莫大な利益を生ませようとしたり、詐欺師の魅力的な誘いに従ったり、あるいは自らの未熟で非現実的な欲望に頼ったりするような人間からは、黄金は逃げてゆくことだろう。

賢明な人は救われ、浅はかな人は後悔する

お金というのは、慎重の持ち主のところにしがみつき、軽はずみで浅はかな持ち主からは一目散に逃げ出してしまいます。

軽はずみで浅はかな持ち主は、お金を増やそうとして、まだ勉強もしていない分野でお金を増やそうとして失敗します。

たとえば、したことのない投資で1発あてようとしたり、いきなり事業を立ち上げたりなど。

このようなことをしても失敗は目に見えているので、がんばって貯めたお金は自分だけの判断で増やそうとはせずに、お金を増やすのに長けた人物に相談したり、教えてもらって増やすのがベストな選択です。

不勉強のまま自分の判断でお金を増やそうとせず、まずは勉強をしたりアドバイスを求めることが賢明です。

投資の3原則は

  1. 元手をなくさないこと
  2. 投資したお金を回収できないなら投資しないこと
  3. 元手の自由を奪われる危険はしないこと

です。

ひとは賢い選択をすれば楽しく生きられるが、軽はずみな行動をすれば苦しみことは、だれしもが頭ではわかっていますが、それを実行できるひとは多くありません。

だからこそ、あなたが賢い選択をすれば、後悔をしなくてすむし、周りと差をつけられるのです。

優柔不断な人はお金が貯まらない

哲学者のデカルトは「優柔不断こそ、最もやってはいけないことだ」と言いました。

これはお金が貯まらないという点でもやってはいけないことです。

なぜなら、優柔不断だと自分にとって得になるかもしれない出来事を避けてしまうから。

つまり、チャンスを逃しやすいのです。

幸運はは、チャンスを自分からとりにいかなければ、すぐに逃げてしまいます。

チャンスに次から次へとアタックしていれば、いつかは幸運をよびこむこともできます。

多くのひとは行動の数が少なすぎるうちに諦めるから失敗するのです。

「幸運の女神」は行動する人間にしか微笑みません。

働くのが楽しい人ほどお金が貯まる

あなたはいまの仕事が好きですか?

仕事を楽しんでいますか?

もし答えがノーなら、あなたのところにはお金が貯まらないかもしれません。

なぜなら、あなたは仕事を敵にしているからです。

お金を稼いでる多くのひとは、仕事を楽しみ、友達として扱っています。

仕事をどう思うかはあなた次第で変えられるのです。

上司が気にくわなくても、上司があなたのことを認めてくれなくても、そんなことは気にしてはいけません。

ただあなたは、仕事を楽しみ、懸命に働いていれば、いつかそれに見合った報酬は得られるはずです。

仕事を楽しめば楽しむほど、お金は貯まります。

さいごに

資本家はたくさんの労働者、つまりたくさんの人に働かせてお金を得ています。

私たちには、自分のために働いてくれる人を雇うほどのお金はありません。

しかし、私たちにはも自由に働かせられるモノがあります。

それは自分と、自分のお金です。

自分を自分のために働かせ、お金を稼ぎます。

そして、そうやってあなたが貯めたお金は1円だろうと1万円だろうと、あなたのために働かせられる奴隷にできるのです。

お金を働かせて、さらにお金を呼び込み、そのお金にも働かせていけば、すぐにお金を貯められます。

ただ、お金は人生を豊かにするための道具でしかありません。

お金のために自分を道具にしてはダメです。

お金は目的ではなく手段なので、まずは自分の人生を価値あるものにすることから始めましょう。

bookee

bookee