【資産運用の教科書】初心者がお金を増やすオススメの全方法

悩み不安解消!幸せになる法則9個を哲学者に聞いた【アラン幸福論】

スポンサーリンク
アラン幸福論どう生きる?生き方・人生哲学の教養

なんとなく不安な人

  • なんとなく不安を感じる…。
  • 幸せってなんだろう…。
  • どうしたら幸せになれるんだろう…。
アラン
アラン

ワイがアランや!

今回の一般教養の読みものは、ワイがその疑問に答えて幸せにしたるで。

突然ですが、あなたはいま幸せですか?

あやしいセリフが飛び出ましたが、宗教の勧誘でもないし、幸せになれる壺を売りつけたりしません。

マジメに「幸せとは?」をテーマにアラン先生と対談していきます。

今回はフランスの有名な哲学者、アラン先生の幸福論をもとに、幸せになる法則を聞いてみました。

第2回目では哲学者のラッセル先生に幸せになる法則5つと不幸の原因8つを聞いているので、ぜひ合わせてご覧ください。

アラン
アラン

ラッセルよりワイの幸福論のほうがええにきまっとるがな。

パノカト
パノカト

大丈夫ですかそんなこと言って。

この教養であなたは…
  • 幸福とはなにかがわかる
  • 漠然とした不安や悩みが消える
  • 過去・未来から解放され、今に集中できる

この記事は2ページ構成で、約1万字です

スポンサーリンク

【アラン幸福論】幸せになる法則9個

アラン
アラン

これがワイの幸せになる法則9ヶ条や!

  1. 幸福も不幸も気分で決まる
  2. 他人と比較せず自分を信じる
  3. お金を稼ぐには「お金がほしい」と思うことから始める
  4. 自ら生みだした苦労は、快楽よりも魅力的
  5. 楽しめることこそあなたの本当の能力が発揮できる
  6. いつやるか?今でしょ!
  7. ひとはひとを幸せにはできない
  8. ひとを幸せにするまえに、自分がしあわせになる
  9. 幸せになるのは他人に対する義務である
アラン
アラン

そしてワイがアランやで。

今回はお前に幸せっちゅーもんを教えたるさかい。

パノカト
パノカト

アラン先生、なんでエセ関西弁なんですか?

アラン
アラン

そこは気にしたらアカン。アランだけに。

パノカト
パノカト

…。

アラン
アラン

…。

【アラン幸福論】幸福も不幸も気分で決まる

パノカト
パノカト

先生、幸福とか不幸ってなんですか?

アラン
アラン

幸福・不幸ってのは気分とか機嫌で決まるんやで。

パノカト
パノカト

え、気分とか機嫌で?

アラン
アラン

せや。でもお前らはその気分やら機嫌の良し悪しを大げさにとらえすぎなんや。

いいときも悪いときも、一時的なものに過ぎないのに。

パノカト
パノカト

なるほど。

アラン
アラン

だから気分や機嫌がわるいときは、その気分が人生の全てかのように、ネガティブに考えすぎてしまう。

その最悪の気分が、不幸ってやつなんや。

悪い気分の行き着く先が不幸!

気分は一過性のものにすぎないので、過ぎ去るのを待つべし!

不機嫌になっていいことは1つもない

アラン
アラン

お前、不機嫌なときはあるか?

パノカト
パノカト

まぁ、たまに。
人からイヤなことされたり、やってることがうまくいかなったりしたときとか。

アラン
アラン

アカン、ぜんっぜんアカン。

パノカト
パノカト

えぇ、でも生きてたらイヤなこともあるじゃないですか。

アラン
アラン

まぁ、せやな。
ただな、そやって不機嫌なって、なにかいいことあったんか?

パノカト
パノカト

そう言われると、確かにないけど…。

アラン
アラン

せやろ?ないやろ?
ええか、これだけは覚えとき。
ひとが不機嫌になっていいことなんて、ひとっっつもない!
つぎに不機嫌なったらすぐにコレ思い出して、すぐに機嫌なおすことやな。

パノカト
パノカト

わかりました。

アラン
アラン

そもそもな、なんでお前ら人間サマは病気になるのに、自然に生きとる動物はほとんど病気にかからんかわかるか?

パノカト
パノカト

なんでですか?

アラン
アラン

動物は不機嫌にならんからや。
不機嫌になってストレスたまって、うつ病になるライオンなんているか?おらんやろ。

せやけど人間は繊細な動物や。
ちょっとイヤなことあったらすぐ機嫌悪くして、イライラしたり、ゲンナリしたり、疲れたりして精神的な病気になるやろ?

だから、機嫌を悪くしたらアカンのや。

不機嫌になっていいことは1つもない!

不機嫌になっていることに気づいたら、すぐに自覚しよう。

想像力によって苦しめられている

アラン
アラン

一般的にひとが恐れるものってなんだと思う?

パノカト
パノカト

うーん、おばけとか、死ぬこととかですかね。

アラン
アラン

せやな。じゃぁなんでひとは幽霊やら死を怖がるんや?

パノカト
パノカト

えーと、なんとなく怖いから?イメージ的に?わからないから?

アラン
アラン

そう!
ひとはわからないから怖がるんや。
わからないから、想像力をつかって恐ろしいものだと信じてしまうんや。

パノカト
パノカト

わからないから、自分の勝手な想像と思い込みで情報を補ってしまうんですね。

アラン
アラン

つまりやな、ひとが感じる恐怖ってのは、想像の産物なんやで。

パノカト
パノカト

なるほど。

飛行機に乗るのが怖い人は、「もし墜落したらどうしよう」とか「もしハイジャックされたらどうしよう」と考えて恐怖を感じますよね。

しかし、その恐怖は全て想像力のしわざで、まだ何も起きてないのに怖がってるのです。

まだ飛行機にも乗ってないのに「落ちたらどうしよう」なんて、わかるはずがないことを考えても意味がありません。

しかも、自分にはどうしようもないことはあまり考えないほうがいいでしょう。

【リスクマネジメント】飛行機が怖いと損?リスクを正しく評価する10の基準」という記事では、飛行機を怖がったりするなどリスクをただしく評価できないと損をするという話をしています。あわせてご覧ください。

アラン
アラン

その通りや。
ひとは不必要な恐怖を自分でつくりだしすぎなんや。
不安や恐怖を感じたときは、理屈でもって考えたらアカンで。
今度はその理屈にも苦しむことになるんや。

パノカト
パノカト

じゃぁどうしたらいいんですか?

アラン
アラン

そういうときは体を動かせ!
ちょっと散歩するなり、筋トレするなりなんでもいいから体を動かすんや。
これだけでガラッと気分が変わるやで!

ひとが感じる恐怖は自分が想像で生みだしたもの、自分の敵は自分の想像力だ。

恐ろしい想像によって正しい思考ができなくなっていないか、注意しよう。

また、不安や恐怖を感じたときは、散歩したり運動することで気分をスッキリさせよう。

【アラン幸福論】他人と比較せず自分を信じる

アラン
アラン

哲学者友達のデカルトくんは言うてたで。
「優柔不断こそ、最もやってはいけないことだ」ってな。

パノカト
パノカト

優柔不断ってそんなにわるいことですか?

アラン
アラン

アカン!
どうしようどうしようと悩んでるヤツはいつまでたっても、決められへんからな。

パノカト
パノカト

それが優柔不断ですからねぇ。

アラン
アラン

例えば旅行に行くか行かないかで悩んどったら、とりあえず行ったらええねん!
後のことは行ってから考えたらええねん!

パノカト
パノカト

でも行ってから「行かなきゃよかった…」って後悔するかもしれないじゃないですか。

アラン
アラン

するかもしれへん。
でも、「最高だった!」って思うかもしれへんやん。

パノカト
パノカト

そうなるかがわからないから悩むんですよ。

アラン
アラン

せや!そのとおりや!
つまりやな、ひとが悩む理由ってのは、未来がわからんから悩むんや。
「旅行に行って楽しめなかったらどうしよう」
「旅行に行かなくて後悔するのもイヤだな」
って悩むけど、でも結局そんなんいくら考えたところでわからんやん?

パノカト
パノカト

たしかに未来はだれにもわかりませんね。

アラン
アラン

なのに、ひとは未来を心配してあーでもないこーでもないと悩むやろ?
お前は未来が見えるんか?予知能力でもあるんか?
ないやろ。
悩んどるヤツはわからないことに対してずーっと考えとるだけ。

だから悩むってのは無意味な行為なんや。

ひとは毎日いろいろな判断をしています。

その判断で悩むのは、「別の選択肢のほうがいいかもしれない」と考えてしまうからです。

しかし、デカルトのいうように、優柔不断はもっともやってはいけないことのひとつであり、無意味なのです。

なぜならほかの選択肢の未来はだれにもわからないので、「この道でよかったかな…」とか「あっちのほうがよかったかな…」と悩んでも、どうにかなるわけではありませんよね。

だから、あなたが選んだ選択肢はつねに最善であり、どのような道でも、それはベストな道なのです。

そして、毎日の判断を悩まずにしていくためには、自分のことを疑わずに、自分が下した決断を信じることが大切です。

手を動かしていれば、過去も未来のことも考えない

アラン
アラン

詩人のゲーテくんがかいた「ウィルヘルム・マイスター」って小説、知っとるか?

パノカト
パノカト

いや、知らないですね。

アラン
アラン

まぁせやろな。
この小説のなかには「あきらめの会」ってのが出てくるんやけど、この会のルールがめっちゃええルールやねん。

パノカト
パノカト

どんなルールですか?

アラン
アラン

「メンバーは未来のことも過去のこともけっして考えちゃアカン」ってルールや。

パノカト
パノカト

どうしてそれがいいんですか?

アラン
アラン

アホか、話聞いてたか?
さっきも言ったとおり、未来のことを考えてもわかるわけないんやから考えてもムダやからや。

パノカト
パノカト

過去も考えちゃいけないんですか?

アラン
アラン

過去なんてただの記憶や。
存在せぇへん妄想でしかない。
そこに自分で勝手な意味付けしてるだけのモノなんやから、過去のことでクヨクヨしたりするんもムダなんや。

パノカト
パノカト

なるほど。

アラン
アラン

でもこのルールを守るんは大変やろ?
せやから、つねに手やら目やら体やらをうごかして忙しくすんねん。
つねに行動してれば、「今この瞬間」に集中できんねん。
「今」に没頭できんねん。

パノカト
パノカト

なにかに集中してるときって、いつのまにか時間が経ってますよね。

アラン
アラン

そういうこと。
なにもしないで頭だけ働かして昔のことやこれからのことで悩んでも、ただ不安になったり後悔したりするだけや。
極端に言えば、死ぬことについて考えたり恐れたりするんも、暇人がやることなんやで。

哲学者、ジャン=ジャック・ルソーも「瞑想している人間は自然に反した生き物である」と言っています。

過去も未来も存在しない、ただ現在に集中する

アラン
アラン

過去・現在・未来のなかで、ひとが耐えなきゃならんのはどれかわかるか?

パノカト
パノカト

過去のつらい思い出も耐えがたいし、今が苦しければそれも辛いし、どうなるかわからない未来も考えると不安になるしなぁ…。

アラン
アラン

いままでの話のながれでわかるやろアホ。
答えは現在や!

パノカト
パノカト

今ですか?今はそんなにつらくないですよ。

アラン
アラン

ちゃうわ。
そもそも過去も未来もないんやから、耐えるもクソもないんや。

パノカト
パノカト

そういえばそんなこと言ってましたね。

アラン
アラン

過去はもう実在しないただの記憶でしかない。
未来はまだ存在すらしてないし考えてもわからん。
よって、今あるのは今この瞬間、現在だけや。

パノカト
パノカト

でも、どうにも過去も未来も存在しないとは思えないんですよね~。

アラン
アラン

ええか。
過去も未来も存在するのは、お前が過去・未来のことについて考えとるときだけや。
そんでどうしようもない悩みを抱えることになる。

パノカト
パノカト

存在するのは考えてる間だけ、ですか。

アラン
アラン

いま、つらい思いをしてるひと、苦しんでるすべてのひとにわいは声を大にして伝えたい。

「現在のことを考えよ」と。

パノカト
パノカト

キマりましたね。

アラン
アラン

せやろ?カッコええやろ?

アランはくりかえし「過去・未来は存在しない」「今この瞬間のことだけを考えろ」と言っています。

いまこの1分がおわっても、また次の1分がくる。

だから、いまあなたが生きているように、次の瞬間も生きていくことは可能なのです。

未来のことがこわいと感じるかもしれませんが、出来事というのは、あなたの期待通りには絶対にすすみません。

だから、こわいと思う必要もないのです。

【アラン幸福論】お金を稼ぐには「お金がほしい」と思うことから始める

アラン
アラン

お前、いまなにが欲しい?

パノカト
パノカト

急ですね。うーん、やっぱりお金かなぁ。

アラン
アラン

お金が欲しいってことは、いまお金を持ってないんか?

パノカト
パノカト

持ってないから欲しいんですよ。

アラン
アラン

いやそれはちゃうな。
ひとは自分が欲しいと思っているものしか手に入らんのや。
逆にいえば、「欲しい」と思ってたら、自然と手に入ってるもんなんや。

パノカト
パノカト

でも、お金は手に入ってませんよ。

アラン
アラン

せやから、お前は「お金が欲しい」とは思っとらんからや。

パノカト
パノカト

思ってますて。

アラン
アラン

いいや、お前は「お金が欲しい」やなくて、「お金を使いたい」と思ってる。

パノカト
パノカト

…あぁ、確かに。

アラン
アラン

せやろ?
お前の望みは「使いたい」であって、「稼ぐ」ことやないんや。

パノカト
パノカト

じゃぁどうすれば稼げますか?

アラン
アラン

カンタンや。
お金を求めるんや。

この社会はな、求めようとせんやつには、なーんにも与えられんのや。
だから、お金が欲しいなら「稼ぎたい!」とか「儲けたい!」って強く望まなアカン。

「お金を使いたい」と望むのではなく、稼ぎたいと思うことから始めましょう。

そして、つぎは稼ぐ「手段」をも求めるのです。

辛抱強く、あきらめずに続けるひとにだけそれは与えられます。

貯金ゼロ必見!お金を貯める7つの方法と貯金を増やす5つの法則【投資】」では、お金を貯めるコツをサクッと解説しているのであわせてご覧ください。